口金から出るメヤニが気になる場合はフッ素の離型剤を使おう

SITEMAP

金属製のパーツ

効果が高い離型剤を使えば手際よくゴム製品等を綺麗に形造れる

ドリル

原材料として使用されるゴムは、製品として日頃から見慣れていものとは違って、非常にネバネバしています。そのため、成形作業の際に、金型で形を造るとしても、離型剤を使わずに綺麗な形に仕上げるのは大変困難です。ただ、離型剤を使いさえすれば、どんな場合も簡単に綺麗な形を造れるわけではありません。
よくあるのが、メヤニの発生です。成型途中で生じるメヤニは、製品にとっては不要なものなので、製品として最後の仕上げを施す前に取り除く必要があります。スリムな製品など、成形が難しいものを作っている場合にメヤニが出てしまうと、除去作業の際に、綺麗に成型できた品物を台無しにしかねず、現場としては出来るだけ避けたい代物です。
また、離型剤の離型効果が今一つだったり、持続性がない場合、連続離型でずっと綺麗な形状の成形物を作り続けることが出来ないのも、現場を悩ます要因になり得ます。
フッ素コーティングの非粘着性という性質を利用したフッ素系離型剤なら、このどちらの課題もクリアすることができます。ゴム等の素材を使って製品作りをするなら、製品を綺麗に形造れるだけではなく、手際よく作業する助けにもなるフッ素系離型剤を選択するのがおすすめです。

Contents

ベアリング

成形時のメヤニにお困りの方へ

金型を使って成形するゴム製品等の製造では、成形物の取り出しを容易にしてくれる離型剤の使用が不可…

more
作業服姿の男性

成形現場で扱いやすい離型剤の特徴や効果

離型剤にも色々な製品があるため、これからゴム製品等の製造を始める会社や、新商品の成形に使う離型…

more
ドリル

効果が高い離型剤を使えば手際よくゴム製品等を綺麗に形造れる

原材料として使用されるゴムは、製品として日頃から見慣れていものとは違って、非常にネバネバしてい…

more
工場の煙突

成形が難しいシリコン等の製品もフッ素系離型剤があれば綺麗に作れる

最近の消費者の好みは、スリム化、コンパクト化が進む一方です。シリコンなどを素材とする様々な製品…

more